お墓きわめびとの会

お役立ちコラム お墓の色々

お役立ちコラム お墓の色々

- 供養をきわめる -

いつからある?日本のお墓、墓石の歴史とは

墓地・暮石コラム

いつからある?日本のお墓、墓石の歴史とは

日本では、歴史上いつ頃の時代からお墓が建てられるようになったのでしょうか。そして、お墓を建てなかった時代はどのようにして埋葬していたのでしょうか。現代の日本では、家族が亡くなると火葬をし、その遺骨をお墓に納めるというのが一般的です。今は、誰もが希望すればお墓をもつことができ、お墓を建てることに制限はありません。しかし過去には誰でももてるものではなかった時代があり、お墓の形態も今とは違っていました。この記事では、現代のようなお墓がつくられるようになるまでに、どのような歴史をたどったのか、日本におけるお墓や墓石の歴史について解説します。

日本におけるお墓・墓石の歴史

日本では、古代につくられた古墳など、歴史の古いお墓が各地に残っており、古くからお墓がつくられていたことがわかっています。しかし、当時お墓を持つことができたのは支配階級のみ。江戸時代頃までは、亡き後にお墓に納められたのは有力者のみで、庶民の場合は亡くなってもお墓が建てられることはなかったとされています。現代のように誰もがお墓を建てるようになったのは、大正時代以降と言われています。

現在の日本では、亡骸は火葬して遺骨をお墓に納めていますが、古くは土葬(埋葬)が一般的でした。弥生時代の頃には大きな陶器の入れ物に亡骸を入れて埋葬していたことがわかっており、その後の古墳時代(3世紀中頃から7世紀頃)には、天皇や各地の有力者たちのお墓である古墳が日本の各地に数多く作られています。古墳には、丸い形の円墳、台形のような形の方墳、その両方がつながった形をしている前方後円墳など色々な形状のものがあます。一時期は死後も有力者の権威を示すため、巨大な古墳も作られていましたが、6世紀頃に「大きな古墳をつくらないように」という薄葬令が出されたことから、前方後円墳がつくられることはなくなりました。

檀家制度が確立された江戸時代頃からは、それまでよりも多くの人のお墓が建てられるようになりました。しかし、それでも当時は武士階級や有力者が板塔婆(いたとうば、いたとば)や石塔婆(いしとうば)などを建てる程度にとどまっていました。大正時代頃から、墓地不足を解消するために土葬から火葬中心に変わり、庶民がお墓を建てる今日のようなスタイルが定着したとされています。

墓石の形ともつ意味

日本のお墓には、白御影石などでつくられている墓石が設置されているのが一般的です。近年は、いろいろな形の墓石を見かけるようになりましたが、最もよく見かけるのは縦長の墓石です。では、墓石にはどのような意味があり、なぜあのような形をしているのでしょうか。ここからは、墓石の形の種類と、墓石のもつ意味についてご紹介していきます。

  和型墓石

和型墓石とは、日本で広く浸透している一般的な形の墓石のことをいい、台(上台、中台、芝台)の上に縦長の仏石(ほとけいし)が乗っている構造をしています。仏石は、竿石または棹石(さおいし)ともよばれており、「○○家の墓」「先祖代々の墓」「南無阿弥陀仏」「倶會一処」などと彫られているのが一般的。この形のお墓がつくられるようになったのは、江戸時代頃からとも言われています。和型墓石の形は、仏舎利(釈迦の遺骨)を納める仏舎利塔や五輪塔の形が元になっているとされており、仏教的な意味があります。なお、遺骨は台の下のカロートとよばれる部屋に納められています。

  洋型墓石

洋型墓石とは、近年増えて来ている新しい形のお墓をいいます。基本的には、形や石の種類、刻む文字などに決まりはありませんが、和型墓石より背が低く、少し横長になった形をしているものが多いです。和型墓石と同じように仏石(竿石、棹石)と台とで構成されていますが、仏教色が薄く、総じてモダンな印象のお墓に仕上げられています。洋型墓石の場合は墓石に刻まれている文字も様々で、「○○家」のようなものもあれば、好きな文字一文字や絵などがデザインされているものもあります。

お墓を建てる場所の歴史

現在の日本では、保健所および都道府県知事の許可を得た土地のみにお墓を建てることが許されており、墓地や霊園と契約してその敷地にお墓をつくるのが一般的になっています。今のように墓地にお墓が建てられるようになったのは江戸時代頃とされており、当時はお寺が墓地を管理していました。明治時代以降は、特に都市部の人口が増えたことによってお墓が増え、それにともなって墓地や霊園も多く作られています。今は、一般的なスタイルのもののほか、公園のようにデザインされている公園墓地など様々なタイプの墓地や霊園が登場しています。

近年、お墓について悩む人が増えていると言われています。お墓は自分一人で決めて購入できるものではなく、家族や親族の意向を取り入れながら、さらに将来管理することになる家族のことを考えながら決める必要があります。かつては選ばれた人だけが持てたお墓も、現代では誰もが建てることができるようになりました。上記の記事を参考にして、改めてお墓について考えてみてはいかがでしょうか。

ショールームのご見学や
お問合せはこちら