お墓きわめびとの会

お役立ちコラム お墓の色々

お役立ちコラム お墓の色々

- 供養をきわめる -

終活するならまずは断捨離! その方法とメリットを解説

終活コラム

終活するならまずは断捨離! その方法とメリットを解説

終活を始めたら、まず行いたいのが断捨離です。断捨離とは、必要なものと不要なものを分けて不要なものを処分することをいいます。そして、不要なものを捨てることで、ものに対する思い入れや執着をなくし、自分の人生を楽にするというのが、断捨離の最終的な目的とされています。本格的に断捨離をしようと思うと労力も時間もかかりますが、それに見合うだけのメリットもあります。今回は、断捨離のメリットや注意点などについて解説していきます。

そもそも終活とは

終活とは、人生の終わりを迎えるための活動のことをいいます。終活というと、自分に万が一のことがあったときのことを家族に伝えるために書き記すエンディングノートのイメージがありますが、もう1つ大切な活動があります。それは、自分の持ち物を整理して不要なものを処分し、自分と家族の今後の人生に必要なものを選別するというもの。今後の人生に不要なものを思い切って処分することで、これからの人生に必要なものが何なのか、見えてくるでしょう。

終活として断捨離を行うメリットとは

断捨離はとても手間と時間のかかる作業ですが、それ以上に大きなメリットがあります。

大切な家族の負担を軽減できる

自分の亡き後、自分が残した財産や物は全て遺族が相続することになります。そして財産だけでなく、不要なものも家族が引き継ぐことになり、その処分に大変な労力を費やすことになります。人の持ち物を処分するのは、予想以上に大変な作業です。物が多いと処分のための時間が多くかかり、肉体的負担だけでなく、精神的な負担も大きくなります。不要なものを自分の手で断捨離しておけば、残された家族の負担を軽くすることができるでしょう。

今後の生活をより快適に過ごせる

自分のものには思い入れがあり、断捨離を決意するのは難しいかもしれません。しかし、実際に自分のものを必要なものとそうでないものに仕分けて整理していくと、これまでの思い出の整理にもなるため、気持ちも整理されていきます。またもう1つ、ものを減らすことで物理的に自宅の中が片付くというのも大きなメリットです。ものが多いと圧迫感を感じたり、床にものが多いと転倒の危険性が増したりしますが、ものが減ると暮らしやすくなり、これからの人生が快適なものになるでしょう。

終活断捨離の注意点

断捨離には大きなメリットがありますが、必要なものまで処分してしまわないよう注意が必要です。断捨離の注意点についても知っておきましょう。

証券類や預金通帳などは安易に処分しない

証券や預金通帳などは安易に処分しないようにしましょう。特に通帳は、これまでのお金の流れを把握するために必要なもの。使っていない古いものでも、安易に捨てずに保管しておくことをおすすめします。また、使っていない口座にお金を入れたまま忘れている可能性もあるため、もし処分をするのであれば、その前に一度きちんと確認に行くことをおすすめします。長く利用していない場合は休眠状態になっている可能性もありますので、手続きに必要なものも事前に確認しておきましょう。

家族に相談しつつ断捨離を行う

終活は、自分の亡き後に引き継ぐことになる家族と共有しながら、一緒に進めていくのが理想です。断捨離をする場合も、できるだけ家族と相談しながら進めましょう。

断捨離のやり方、整理のコツ

断捨離は、やり方や整理のコツをおさえて進めるとスムーズに運びます。

必要なもの、そうでないものを分類する   

まずは、必要なものとそうでないものの分類をします。断捨離で一番重要なのは、ものを減らすこと。使っていないものは、思い切って捨ててしまうのも良いでしょう。

洋服や、電化製品などで「今」使っていないものを整理する

ものを残すか処分するかで迷ったら、「今」使えるものかどうかで判断しましょう。いつか着ると思って取ってある洋服や、以前は使っていたけれど子供たちが自立してからは使っていない電化製品など、使えるものでも「今」使っていないものは断捨離の対象になります。

写真など思い出の品を整理する

写真などは、思い出が詰まっているので処分するのに躊躇してしまうこともあるでしょう。しかし、それは遺族も同じです。あまりにも写真が多く残っていると、どれを処分すればいいのか遺族を悩ませてしまうことになります。不要なものは処分し、残ったものは分類して整理しましょう。

迷ったときは、保留して整理を進める

捨てるかどうか悩むものは一時保管ボックスなどを作って、そこに入れておくのがおすすめです。悩んで作業が止まってしまうと断捨離も止まってしまうため、一時的によけておきましょう。

まとめ

自分に万が一のことがあったときに、残された家族の負担を減らすためにも、終活をするときには断捨離を行いましょう。しかし同時に、必要なものまで処分してしまわないよう注意も必要です。これから終活を始めるという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ショールームのご見学や
お問合せはこちら