お墓きわめびとの会

お役立ちコラム お墓の色々

お役立ちコラム お墓の色々

- 供養をきわめる -

捨てられないアルバムなど終活の写真整理はいつから?やり方を紹介

終活コラム

捨てられないアルバムなど終活の写真整理はいつから?やり方を紹介

終活の中でも手をつけやすく始めやすいと言われるのが、写真整理です。終活とは、自分の亡き後に家族が困らないよう、身の回りの整理をしておくこと。特に写真の整理は遺族にとっては大きな負担になるため、できるだけ自分で終わらせておくのが理想です。ただし、写真の整理とひとことで言っても、必要なものと不要なものの分別から、残すものはどのような方法で保存するのかなど、何をどうすれば良いか、考えるべきことがたくさんあるというのもまた事実。ここでは、終活としての写真の整理について、そのタイミングや整理の方法などについて解説します。

・写真整理がなぜ終活になるのか

終活のポイントである「生前整理」の一つに当たるのが、懐かしいアルバムなどの写真整理です。終活の目的は、人生の終わりがきたときの遺族の負担を少しでも減らすとともに、これまでの自分の人生を振り返って残りの人生を楽しんでいくことにあります。必要な写真を整理しておくことは、大切な思い出をこれからも長く受け継いでいくためにも有効です。また、写真を整理することによって昔の楽しかったできごとを思い出し、それを周りの人に話すことは、認知症対策になる可能性があるとも考えられています。この方法は「回想法」とよばれ、アメリカを中心に各国に広まっています。

アルバムや写真を整理したほうがいい理由

アルバムや写真の整理には、上記の通り大きなメリットがあります。逆に言うと、写真整理をしておかないことは、自分に万が一のことがあったときに家族に大きな負担をかけてしまうことにもつながります。では、アルバムや写真はなぜ家族の負担になってしまうのでしょうか。その理由を大きく2つご紹介します。

大量にあるアルバムは場所をとってしまう

子供の成長や、旅行などの家族行事の度に写真を撮っていた家庭には、写真やアルバムがたくさんあるのではないでしょうか。アルバムは思い出を振り返るには便利ですが、数が増えるほどに場所をとってしまいます。身の回りに物が増えてしまうのはもちろん、引っ越しや物を整理するときの負担を増やしてしまうことになるため、できるだけ整理しておくことが望まれます。

遺品として残ると、処分しづらい

遺品の整理にあたって遺族が最も困るのが、写真の処分であると言われています。写真には思い出が詰まっているのはもちろん、故人が写っていることを考えると、簡単に処分することはできないでしょう。しかし、残すものと処分するものとが故人の意思で分類されていれば、家族も気を楽にして処分することができます。誰が見てもわかるような状態に写真を整理しておくことは、残された家族の負担を減らすことにつながります。

アルバム、写真整理をやるタイミングとやり方

アルバムや写真整理はいつ頃始めたら良いのでしょうか。また、どのような方法で進めたら良いのでしょうか。写真整理のタイミングとやり方について解説します。

写真整理はいつ始めても遅くない

写真整理には、決まったタイミングはありません。自分が整理しようという気持ちになったときが、ベストなタイミングです。早く準備をするに越したことはありませんが、一方で、終活として自分の亡き後に本当に保管しておいてほしい写真のみを選ぶということを考えると、年齢を重ねて自分の最後を意識してからの方が適しているとも言えるでしょう。ただし写真が大量にある場合は、仕分けだけでも労力がかかり、さらにスペースの問題もあるため、早めに行うのが良いでしょう。

アルバムや写真整理を効率よくする

アルバムや写真の整理方法はいくつかあります。効率よく整理するために、以下の方法も参考にしてみてください。たくさんの写真を残したい場合には、データ化代行業者へ依頼してデータ化してもらうという方法があります。データ化してしまえば保管スペースも少なくすみ、さらにいつでも綺麗な状態の写真を見られるようになります。また、写真がネガの状態で残っている場合は、一度現像してから分類するのがおすすめです。残しておきたい写真が手元に残っていない場合も、ネガから現像し直すことで写真の形にして保管することができます。また、写真に現像したネガも、綺麗に整理、分類をしておくと良いでしょう。

写真の分類方法はいろいろありますが、その1つとしておすすめなのは、人生の節目や年代ごとに分けていく方法です。ただしあまり細かく分けすぎると効率が悪くなり、最後まで終わらなくなってしまう可能性もあるので、こまかい順番などにはこだわらず、ある程度のテーマに沿って大まかに整理していくとスムーズに進められるでしょう。

まとめ

自分が大切にしてきたアルバムを整理することは、改めて今までの人生を振り返る良い機会にもなります。終活として写真整理をすると、心がスッキリすると同時に、過去を思い出すことで今後の人生について考える良いきっかけにもなるでしょう。写真整理は気軽に始められるものですので、自分のタイミングで少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。

ショールームのご見学や
お問合せはこちら