お墓きわめびとの会

お役立ちコラム お墓の色々

お役立ちコラム お墓の色々

- 供養をきわめる -

仮位牌(白木位牌)の意味や処分方法を説明します

葬祭基礎知識

仮位牌(白木位牌)の意味や処分方法を説明します

位牌とは、亡くなった方の戒名(または法名)、俗名(生前の名前)、享年(亡くなった時の年齢)などを記載した木製の板をいいます。私たちがよく目にする黒塗りの位牌は本位牌ともよばれており、四十九日の法要後から用いられるものです。それに対して、四十九日法要まで使われる位牌は仮位牌(白木位牌)とよばれています。では、なぜ四十九日の法要までは仮位牌が用いられるのでしょうか。そして、四十九日の法要を終えたら仮位牌はどのように扱えば良いのでしょうか。ここでは、仮位牌について、その処分方法や仮位牌と本位牌の違いとその意味などを詳しく解説します。

仮位牌(白木位牌)とは

仮位牌とは、葬儀の際に祭壇の上に安置する位牌をいい、塗りなどが施されていない白木の状態のものが一般的なため、白木位牌ともよばれています。塗りの位牌を作成するためには時間がかかるため、葬儀には仮位牌が使用されます。なお、仮位牌には戒名(または法名)などが書かれています。

仮位牌は、地域によって大小2つ用意されることもあり、2つある場合は、大きいものは内位牌、小さいものは野位牌とよばれています。野位牌は、野辺送り、つまり火葬場まで棺を運ぶ際に喪主が持っていくことから名前がついたもの。そして内位牌は、その名前の通り自宅内の仏壇で用いられるものであることからそのようによばれています。なお、いずれも葬儀の際には祭壇に安置されるというのが一般的です。

仮位牌(白木位牌)の処分方法を解説

葬儀から四十九日の法要までの間に用いられた仮位牌は、本位牌と入れ替えで処分されることになります。主に、下記のようにして処分されています。

仮位牌には故人の魂が入っているため、処分する前にまずはその魂を抜く必要があります。仮位牌から魂を抜くことを「お性根抜き」または「閉眼供養」といい、葬儀や四十九日の法要を依頼しているお坊さんなどにお願いするのが一般的です。そして「お性根抜き」「閉眼供養」が終わったら、お焚き上げを行います。お焚き上げには、故人を天に返すという意味も含まれており、葬儀をお任せしたお寺やお坊さんにお願いするというのが一般的です。ただし、「お性根抜き」「閉眼供養」が終わってすでに魂が抜けていると考えられているため、自分で焼却しても構わないとされています。

なお、万が一お寺に処分を依頼するのが難しい場合は、仏壇店などで仮位牌の回収およびお焚き上げを引き受けてもらえる可能性がありますので、一度相談してみましょう。また、お位牌仕舞い専門業者といった、魂抜きからお焚き上げまでを専門で行なっている業者を利用するのも一つの方法です。近年は、四十九日法要からお焚き上げまでを一貫して引き受けるサービスなど、様々なサービスを実施している業者がありますので、都合にあったものを選んでみてはいかがでしょうか。

仮位牌から本位牌にする方法

ここでは、四十九日の法要を終えて仮位牌から本位牌に変更する際の手続き方法などをご紹介していきます。本位牌には、塗り位牌、唐木位牌、モダン位牌、回出位牌(繰出位牌)といった様々なタイプがあります。

-塗り位牌:一般的な本位牌。漆塗りや金箔、金粉などが施された黒塗りのものです。

-唐木位牌(からきいはい):木目の美しい位牌仏壇などに使われる黒壇や紫壇などの高級木材を使用して作られています。

-モダン位牌:現代的なデザインの位牌。洋風の仏壇や仏具などにも映えるタイプです。

-回出位牌(繰出位牌 / くりだしいはい):複数の位牌がある場合に、一つにまとめられるようになっている位牌。シンプルなデザインのものから豪華なデザインのものまで様々あります。

四十九日の法要を終えると、仮位牌はその役目を終了し、本位牌と入れ替わることになります。上述の通り、仮位牌を処分する際には魂抜きをした後でお焚き上げを行いますが、実はこのときには本位牌に魂を入れる儀式も同時に行われます。一般的に、魂を入れる儀式は「魂入れ」や「お性根入れ」、「開眼供養」などとよばれており、この儀式も魂抜きと同じく葬儀を依頼したお寺やお坊さんにお願いするというのがおすすめです。

なお、本位牌は葬儀社などでは手配してもらえないため、自身で四十九日法要までに準備しておく必要があります。位牌は仏壇・仏具店で取扱いされており、本位牌の価格は1万円程度から5万円程度のものまであり、デザインもバリエーション豊富に用意されているので、位牌の種類やデザインを選び、文字レイアウトや文字色などを決めれば、後は納品を待つだけ。注文した本位牌は、およそ10日前後で手元に届きます。時間がかかりますので、余裕を持って準備しておきましょう。

まとめ

仮位牌(白木位牌)はあくもでも本位牌ができあがるまでの間のみ用いられるものですが、葬儀などで故人を弔う大事な役割を果たします。役目が終わった後の処分までをしっかりと行うことが必要です。処分方法も含め上記の記事を参考に大切に扱いましょう。

ショールームのご見学や
お問合せはこちら