お墓きわめびとの会

お役立ちコラム お墓の色々

お役立ちコラム お墓の色々

- 供養をきわめる -

きちんとしておきたい、香典返しで気をつけるべきタブーとは

葬祭基礎知識

きちんとしておきたい、香典返しで気をつけるべきタブーとは

香典返しには、どのようなものを用意すると良いのでしょうか。感謝の気持ちをこめて贈るものなので、できるだけ相手に喜ばれるものを用意したいところですが、香典返しにはふさわしいものとふさわしくないものがあります。葬儀や法事、法要に関連する事柄は、マナーがとても大切です。この記事では、香典返しにふさわしいのはどのような品物なのか、そしてタブーとされるのはどのようなものなのか、香典返しの品を選ぶ際の常識や、気をつけるべきタブーについて詳しく解説します。

香典返しをいつ贈るのか?

一般的なマナーとしては、四十九日法要を終えた頃に香典返しを贈るというのが通常です。また最近では、「当日返し」といって、葬儀当日に香典返しをお渡しするケースも増えています。基本的にはどちらでも良いとされていますが、当日返しの場合は、香典の額にあわせて品物を贈ることができないというデメリットがあります。もしも香典を多くいただいていた場合には、忌明け後に改めて追加でお返しを贈るようにしましょう。

香典返しの相場

香典返しの金額の相場は、一般的なマナーとしては半返しとされています。つまり、香典返しにはいただいた香典の額の半額程度のものを用意するというのが基本です。香典の金額は様々なため、香典返しの品物は香典の金額にあわせていくつか用意する必要があります。なお、故人と特に親交のあった方などに相場よりも高額な香典をいただいた場合には、必ずしも半額返しにする必要はありません。そのときは、香典の額の3分の1、または4分の1程度でお返しすると良いでしょう。また、当日返しで用意する場合には、2,000円から3,000円程度の品物を用意することが多いです。

香典返しでタブーとされるものは?

不祝儀には、後に残らないものを選ぶのが一般的なマナーです。香典返しを用意する際は、使ってなくなってしまうものを選びましょう。なお、使ってなくなるようなもののなかにも、タブーとされるものがあるため注意が必要です。ここでは、タブーとされるものを3つご紹介します。

四足生臭もの

香典返しでは、四足生臭ものはタブーとされています。四足生臭ものとは、お肉やお魚などのこと。地域や宗派によっても違いがありますが仏教一般の考え方として不殺生があるためと言われています。なお、お肉やお魚以外でも、生ものは基本的に控えておいた方が良いでしょう。

慶事を連想させるもの

贈り物としてよく利用される日本酒などのお酒も、香典返しではタブーとされています。お酒は祝い事を連想させるものであるため、不祝儀には適していないというのがその理由です。お酒以外にも、結婚式で使われるような昆布やかつお節といったお祝い事によく使われる品物も、同じ理由で避けた方が良いとされています。

金額があからさまなもの

香典返しの金額があからさまにわかるものも、場合によっては失礼にあたるため避けたほうが良いとされています。具体的には、商品券などがそれにあたります。商品券などは、本来であれば自分が好きなものを購入するときに使えるため喜ばれる贈り物ではありますが、目上の方や慣習を重んじる方には失礼にあたるため、香典返しとしては適していないとされています。

香典返しのおすすめは?

香典返しに何を贈れば良いのか迷ってしまったら、一般的に香典返しとして利用されているもののなかから検討することをおすすめします。ここでは、香典返しとしてよく使われるおすすめの品物を紹介していきます。

お茶や菓子

お茶は、香典返しの定番です。お茶には故人をこの世からあの世へと送り出すという意味があるため、古くから香典返しとして贈られることの多い品です。また、好き嫌いなく多くの人が購入するものであるという点でも、安心して贈ることのできる品と言えるでしょう。また、クッキーなどのお菓子も香典返しとして選ばれることの多い品です。なお、同じお菓子でも、ケーキのように消費期間が短いものは不向きとされています。特に当日返しでお渡しする場合は、日持ちするもので、かつ、持ち帰るときに負担のない軽いものを選ぶと良いでしょう。

石鹸などの日用品   

石鹸や洗剤といった、毎日使う消耗品も、香典返しの品物として人気があります。なお、石鹸や洗剤は普段から使っているものなので、質にこだわった、少し良いものを贈ると喜ばれることが多いです。

カタログギフト

近年、香典返しとしてとても人気があるのが、カタログギフトです。カタログギフトの一番のメリットは、受け取った方が自分で好きな品物を選べるという点にあります。受け取った方がカタログギフトの中から肉や魚を選ぶことはタブーとはされていないため、受け取った方の選択肢が広がるのも喜ばれるポイントです。また、カタログギフトは金額によって数種類用意されていることが多く、香典の額にあわせて用意できるという点で、贈る側にとってもとても便利でおすすめの品です。

まとめ

この記事を読まれている方は、香典返しをする機会がまだ多くは無いかもしれませんが、香典返しは準備の時間がないなか選ぶことが多いため、いざという時に慌てないために、ぜひ上記を参考にしてください。

ショールームのご見学や
お問合せはこちら