お墓きわめびとの会

お役立ちコラム お墓の色々

お役立ちコラム お墓の色々

- 供養をきわめる -

お墓の後ろにある卒塔婆、卒塔婆供養の意味

埋葬・永代供養コラム

お墓の後ろにある卒塔婆、卒塔婆供養の意味

お墓の後ろ側に立てかけられている卒塔婆という木の板をご存知でしょうか?立てかけられている卒塔婆を見たことがあっても、何のために立てかけられているのか、どのような意味があるのか、そして自分の親族はどのようにしているかといったことは知らないという方も多いのではないでしょうか。卒塔婆は供養のために建てられているもので、その供養は卒塔婆供養とよばれています。今回は、卒塔婆とはどのようなものなのか、卒塔婆の歴史や卒塔婆供養の方法、卒塔婆供養の意味や方法などについてご紹介していきます。

卒塔婆とは

卒塔婆(そとば / そとうば)とは、故人を供養するためにお墓の後ろや脇などに立てられる1メートルから2メートルほどの細長い木の板のことをいいます。卒塔婆という名前は梵語(サンスクリット語)のストゥーパという言葉から生まれたとされており、ストゥーパとは、仏様の遺骨などを安置するための建造物や塔のことを表す言葉です。

インドでは、仏様の遺骨を8つに分骨し、それぞれの塔を建てて供養をしたと言われています。この塔が五つのパーツからなる五輪塔(ごりんとう)となり、さらに変化をしたものが卒塔婆です。五輪塔は仏教の宇宙観である「空論・風論・火論・水論・地論」を表していると言われており、具体的には、宝珠型(空論)、半円(風論)、三角形(火論)、円(水論)、四角形(地論)という5種類の形状の石がバランス良く重ねられている形をしています。そして、卒塔婆もまたその形状を受け継いでおり、上部に「空論・風論・火論・水論・地論」を表す5つの刻みがある形になっています。また、卒塔婆には仏教の宇宙観である5つの要素を意味する梵字が書かれています。

卒塔婆供養を行うかどうか、そしてその方法などは宗派によって違いがあり、たとえば浄土真宗では卒塔婆が使われないということが知られています。浄土真宗では亡くなった方はすぐに極楽浄土へと成仏するとされているため、卒塔婆供養は行われていません。他にも宗派や地域で違いがあるので、卒塔婆を立てる際には事前にお寺などに確認してみることをおすすめします。

卒塔婆供養の意味

卒塔婆供養とは、卒塔婆をお墓の後ろに立て追善供養をすることをいいます。追善供養とは、親族などが故人の冥福を祈り供養することをいい、法事など限られた供養のことをさすのではなく、毎日の供養全般をさしています。卒塔婆を立てることは、故人の成仏を願うほか、ご先祖様に感謝をすることにもなります。また、卒塔婆供養は故人へ近況を伝える役割も担っています。

卒塔婆を立てるのはいつ?

では、卒塔婆供養は具体的にいつ行うものなのでしょうか。実は、卒塔婆供養には特に決められたタイミングはありません。一般的には、納骨のときに立てるのが最初で、その後は四十九日法要や一周忌などの法事、お盆やお彼岸などでお墓参りをするときに立てられることが多いです。もしなかなかお墓参りができない状況であっても、お寺にお願いすれば卒塔婆を立ててもらうことは可能です。仏教では法要の際に卒塔婆を立てることは最も良い供養になるとされているため、思い立ったときや立てたいと思ったタイミングで立てることも可能です。また、たとえば故人1名に対して卒塔婆を複数本立てることや、遺族以外の人が卒塔婆を立てることなども歓迎されています。

卒塔婆は一度立てれば終わりというものではありません。お墓参りのタイミングなどで新しい卒塔婆に交換をして、交換した古い方の卒塔婆はお寺でお焚き上げをして処分してもらいましょう。なお、卒塔婆は薄い木の板でできており、長く放置すると雨風にさらされて傷ついたり折れたりする可能性もあるので、注意が必要です。

卒塔婆供養の相場

卒塔婆供養をするには、お墓のあるお寺や霊園などに卒塔婆の作成、用意を依頼します。卒塔婆に梵字を書いていただく必要があるため、希望の日がある場合は日程に余裕を持って依頼をしましょう。

卒塔婆供養の金額はお寺や霊園ごとに決められています。具体的な金額はお寺や霊園によって異なりますが、卒塔婆一本につき3,000円から10,000円程度の間になることが多いです。卒塔婆料は、お願いする卒塔婆の本数分の金額をまとめて用意し、包みに「卒塔婆料」や「御塔婆料」と記載します。また、お布施も別で必要になりますので、忘れないように用意しておきましょう。法要の際に施主以外の方も卒塔婆を立てたいと要望された場合は、希望者全員の卒塔婆料を施主が集め、施主がお寺や霊園に渡すというのが基本です。

まとめ

卒塔婆について、そして卒塔婆供養の意味や手順について解説しました。卒塔婆供養は、浄土真宗など宗派による違いや地域による違いがあり、絶対に建てないといけないというものではありません。卒塔婆供養をする方は、上記を参考にしつつ、お墓のあるお寺や霊園に相談しましょう。

ショールームのご見学や
お問合せはこちら